読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当たるわけない宝くじに当たってしまった・・・

40後半の冴えない独身男が購入した年末ジャンボプチがまさかの1等当たり。現金手にするまでどうなるのか記すブログです。

みずほ銀行に行って来ました!

とうとう年末ジャンボプチの引換え開始日の1月5日が来ました。

朝6時に目覚めましたが、いつもと違う緊張感が・・・。これで当り券の管理から解放される~(本音)

 

AM08:40頃池袋駅到着。買った売り場行って当り券で間違いないか確認してもらいまし。機械にかけるとモニター赤文字点滅で「高額当選」の文字が・・・(冷汗)

お店の方に「この券は高額当選なんでここでは換えられないんですよ。近所のみずほ銀行にいってもらえますか~。ちなみに金額は知ってますか?」と聞かれたので「ハイ」と答え「この売り場で買ったら当りました。ありがとうございました」とお礼をして後にしました。ちなみに600円はいただけました(笑)

 

大手町に到着。いつもと違う出口から出たので道に迷いました(笑)

なんとかみずほ銀行東京中央支店に到着。エスカレーターが長いです(笑)

受付の女性の方に「あの・・・宝くじあたったんですけど、どうすれば・・・」

受付の方「おいくらですか・・・1000万円ですか?おめでとうございます。ではあちらでこの書類にご記入いただけますか」

といわれ近くの記載台に案内され、手が震えながらも記入しました。

f:id:koremasa1:20170105090932j:plainなんか画像が回転しないんです。見難くてすみません。

この書類に住所氏名、買った宝くじ、購入場所など記載します。

 記載途中に聞いてみました。

私「大手町の本店に来ると、手続きが早く終わってすぐもらえるとネットで・・・」

行員さん「ハイ。そんなこともあってか、遠いところだと飛行機に乗って来られる方もいらっしゃるのですが、そんなことはありません」

だそうです。(苦笑)

 

で案内してくれた女性が窓口までアテンドしてくれて窓口へ書類を提出します。

 

「このたびはおめでとうございます。それでは番号札でお呼びしますので、こちらをもってお座りになってお待ちください」と言われ、がらんとした店内の椅子に腰掛けます。

f:id:koremasa1:20170105091403j:plain

 

数分後に「こちらのアンケートにお答えいただけますか?」と言われ書類を渡されました。

 

f:id:koremasa1:20170105091847j:plain  f:id:koremasa1:20170105091941j:plain

まぁ、事細かに聞いてきます(笑)

 

そのあとこちらの書類にもご記入をということで・・・

f:id:koremasa1:20170105112313j:plain

住所と名前を記入します。

ここでも聞いてみました。

私「受け取りはいつぐらいになりますか?なるべく早めにいただければ嬉しいのですが・・・」

行員さん「ハイ。正直100万円程度なら何とか本日中にはできるのですが、宝くじを偽造されるのもあって鑑定しなくてはならず、1週間から10日ほどいただいております」

とのことです・・・

 

大手町支店での手続きは以上です。奥の間には通されませんでした(笑)

ちなみに、私の数分後に1500万円当選された小さいお子様をつれたご家族が見えました。やはり買わなければ当らないなぁと思いました。

 

そして、本日18時前に、みずほ銀行から電話がありました!

みずほ「これまさ様ですか?みずほ銀行の○○です。この度は御当選おめでとうございました。早速なんですが、ご来店の日時をと思いましてお電話しました」

私「では○日の○時で~。お金は現金でいいですか?写真撮ってちょっとだけ現金で持ち帰りたいので(笑)」

みずほ「(爆笑)確認しますね・・・あっ大丈夫です。ではご用意しておきます。」

みずほ「あと、みずほ銀行の口座をできれば作っていただきたいのですが・・・。あと投資信託などもご相談させていただければ・・・」

私「わかりました~」

 

ってことで、次回来店時にはついに奥の間にいけるかも!?それにあの本ももらえるのか?

写真とれたら撮ってきます(笑)